2011年W杯女子バレー、えっ?佐野選手ヌード!?丸裸に!!

えっ?佐野選手がヌード!?…




佐野選手が脱いだのか?…





現在は海外チームのアゼルバイジャン所属で
全日本女子バレー、火の鳥ニッポンの佐野優子選手ですが
その佐野選手が遂に初ヌードに挑戦!?…




でも…現役のスポーツ選手が脱いで大丈夫なのか?…






そう思われた方…お騒がせしました

佐野選手ヌードと言っても、女性として脱いだ訳じゃないです(笑)

ヌード…丸裸って言っても、これはバレーのテクニックの話
つまり、佐野選手が、どれだけ凄い選手なのかを
動画の解説を元に、選手として徹底解析して
丸裸で…と言う意味だったんです(笑)

えっ?…紛らわしい書き方するなって?…
ハッハッハッ…お騒がせしました…

尚、私の様にバレーに詳しくない方から見れば
文章だけだと分り難いと思いますが、その辺は動画を御覧下さい

昔の記事でも紹介しましたが
佐野選手の成長振りは、毎回の様に感心するばかりです
その成長に関して今回は、色々触れてみたいと思います

尚、最初の2つに関しては
直接、佐野選手に関係無いですが、関連する内容…
そして、その後の項目が佐野選手に対する解説です


◆リベロの導入で開花した(?)佐野選手の才能

このリベロと言うのは1998年に導入された様で
イタリア語で、自由と言う意味らしいですが
これは自由に交代出来ると言う意味で名付けられた様です

それでは、どうして導入されたのか?…
それは、バレーと言うのは拾って繋ぐのが大事なスポーツ
そうすると拾う専用のポジションも必要だと考えられた様なのと

御存知の様に、高さのスポーツとも言える
しかし、そうすると背の高い選手しか活躍出来ない
それでは不公平(?)…つまり、色々な選手が出来る
スポーツと言う事で、このリベロが導入された様です

そう考えると、そのリベロが導入された為に
佐野選手の様な、背の低い選手でも活躍出来る時代が来た
そして佐野選手は、そのリベロで開花した…そう言えるでしょう


◆パンケーキ(ホットケーキ)レシーブ

このパンケーキと言う名称は、レシーブする時の手の形が
パンケーキを返す時の形に似てるからの様ですが

これは佐野選手に限った事じゃなく
通常バレーではレシーブを考えた場合
ほとんどの選手が掌を下に…そして手の甲を上にレシーブします

ただ…一般的に考えると、逆に…つまり
手の甲が下で、掌が上の方がレシーブし易い様にも感じます
しかし、バレー選手の場合、恐らくですが
その様にレシーブする選手は存在しないんでしょう…

その理由は何か?…それは、逆にレシーブすると
フォールディングを取られる危険性が高いからで
それを防ごうとする場合、どうしても
ナックルパート…これは拳、つまり
じゃんけんで言う所の“グー”しか無くなる…

ところがバレーでは、地面に着くスレスレの所でのレシーブが必要な為
この拳ではボールに届かない場合が多い…
そこで、サッと手を入れられ
しかもフォールディングを取られない方法と考えると
このパンケーキレシーブが最適の様なんです


◆読みの凄さ

以前の記事でも触れた事ですが、私はバレーは詳しくない為
その佐野選手の守備力を野球に関して例えると
元巨人コーチの篠塚和典氏の現役時代の様な職人技

篠塚氏は現役時代、セカンドがポジションだったんですが
一番凄かったのは、敵の打者クセを読んで
ボールが飛んで来そうな場所に守ってる
従ってピッチャー返しで
「あっ!抜かれたな…」と思ってセカンド方向を見ると

ボールの飛んで来る所に…そんな守備力でしたですから
あの守備で、どれだけ投手を助けたか分かりません

その篠塚氏を思い出す様な、読みの上手い守備…
ですから、今では負けてる試合でも試合内容が面白くなくなったら
今度は佐野選手の守備を見てるだけでも楽しい…そんな感じです(笑)

従って、解説の川合俊一氏も時折
「今の佐野が、よく読んで入ってた(拾った)!!」
と、褒めるシーンが多いです

しかも、野球とバレーで決定的に違うのが打球(?)のスピード
野球では、打球が飛んで来るのが大抵の場合は見えます
しかし、バレーの場合は飛んで来るのが一瞬ですから
下手すると、瞬きした瞬間にボールを見失う…

それを考えると、佐野選手の場合その反射神経も抜群に凄い…
ちなみに全日本女子の場合、レシーブの練習時に
コーチがアタックを打つ迄後ろを向かせ
打つ直前に前を…つまりアタックを見させてレシーブさせる…
そんな練習らしいですが

この場合、コーチのアタックを見ながらだと
予測等、準備してからレシーブ出来ますが
振り向いてからだと予測等が出来ない分
反射神経に頼る事等しか無い…

道理でレシーブ力のレベルがアップする訳だ…(笑)


◆選手2~3人分をカバー(?)

通常相手のアタックに対しては
ガード(ブロック)に付くのは2枚です

そうすると、前衛の2人がガードに付き
開いたサイドに、もう1人の前衛がカバーに入り
リベロ含めた、後衛の3人がレシーブの体制に入る
これが通常のリベロの様です

しかし、ケースバイケースと考えると
どうしてもガードに3枚飛ばないと出来ない時が出て来る…
そうすると、前衛の選手が全員ガードに付く為
カバーが出来難い…そんな状況が出る様です

ところが佐野選手の場合は、選手2~3人分をカバー出来るため
前衛の3人がガードに飛んでも安心を言う事らしいですね

そうする事で拾って繋ぐバレーが出来
それがリズムに繋がり攻撃し易い…


◆アンダーハンドでの2段トス

ここの所…と言うより正確には今大会は特に…ですが
佐野選手からのアンダーハンドからの
2段トスが目立ってた様に感じました

通常で考えても、セッター等
オーバーハンドトスなら上げ易いと思います
それは指先の感覚で上げるから上げ易いんだろうと
バレー経験が無いに等しい私でも感じる所です

しかし、アンダーハンドからのトスだと
上腕の感覚で上げる為、これは難しいだろうと感じます

でも、その難しい筈のトスを今大会では
ライトにレフトに、そして柳本氏も語ってる様に
バックアタックにと大活躍だった訳です(笑)


◆レシーブ時の回転にも工夫

レシーブでセッターに返す時なんですが
通常は、敵のサーブをレシーブでセッターに返す時
レシーブの瞬間、野球の変化球で例えると
縦に落ちるカーブの様に下向きの回転が加わるらしいです

これでも悪い訳では無いのかも知れませんが
佐野選手の場合、この時…つまりレシーブの瞬間に
手首を返す様で、上手く上向きの回転…
これも野球の投球で言うならストレートの様な回転を与えるらしいです

そうすると、セッターに返った時
ボールがフワッと舞い上がる様に返る為、トスを上げ易いらしいです
内容は違いますが、これは野球で言うなら
バッターがフォーク系の落ちるボールに対して
上手くボールの下にバットを入れて
内野の頭を越える打球を打つのに似てるかも知れません

それを考えると、先日アップした記事
今大会を振り返って…』でも触れましたが
今大会では若手選手の活躍も目立った闘いでした

でも…この活躍に関しても佐野選手のレシーブから
竹下選手がトスが上げ易いボールが来て
アタッカーに繋がったんだったとしたら
この佐野選手のレシーブも、重要な役割だったんだろうな…
と感じる内容でした

実は、私が今大会の解説を聞いた時
1番感心したのが、柳本氏が解説してるレシーブの工夫でした

と言うのが、この様な工夫と言うのは
バレーに詳しい方なら御存知でしょうが
私の様に、詳しくない輩では分り難い事です…つまり
それだけ目立たないからですが

但し、1流…又は超1流と呼ばれるアスリートと言うのは
この様に、一見目立たない部分でも
どれだけ工夫出来るかだと私は考えるからなんです

と言うのも、例えば野球ではキャッチボールが練習では
基本中の基本と言われてるんですが
その理由は、ただ相手にボールを投げれば良い訳ではなく
相手の胸元を狙って投げる…つまり相手の捕り易い部分を狙って
どれだけコントロール出来るか?…それの練習だからです

余談ですが、このキャッチボールに関しては
プロ野球の選手でも、100球投げ合ったら
100球共、相手の胸元にはムリだと聞いてます

ところが、あの天才と呼ばれてるイチロー選手
このイチロー選手は、これが出来るらしいです

つまり、相手の立場で考える…これは何も
スポーツの世界だけじゃないです、一般社会でも同じ事…
特に接客業なら、目に見えるサービスなら誰でも出来る
問題なのは、目に見えないサービスが、どれだけ出来るか…


と言う事で、以上が佐野選手に対する感想と解説です

余談ですが、私は昔の記事でも柳本ジャパンの時、私流ジンクスとして
1度、国際大会でリベロとして出た選手は
2度とリベロで戻って来れない…そんな状態を感じてました

まずは2003ワールドカップ、佐野選手から始まって
2004アテネ最終予選、成田郁久美選手
ワールドグランプリ2005、櫻井由香選手
ワールドグランプリ2006、(菅山かおる選手)等…
皆消えて行きました

でも…そんな時代も、もう過去の話…

現在では佐野選手が、日本最強のリベロから世界最強のリベロ…


イヤ…これ程の選手に対して世界最強は失礼だな…
今や宇宙最強のリベロに成長した様です

そして…今は全日本女子で不動の佐野選手

その佐野優子神話

黄金守護神伝説

まだまだ続く…(笑)

スポンサーサイト

2011年W杯女子バレー、今大会を振り返って…

2011年のワールドカップは、11月18日の対アメリカ戦で終了しました

でも…全日本も本当に強く、なった…
どの位とか誰がとか、いちいち覚えてられない位
色々な選手が活躍しての、この結果です
とにかく今大会は今迄には無い位の凄い全日本を見せて貰いました

その詳細を下記で触れさせて頂きたいと思いますが
下記動画では、中国戦、ブラジル戦
ドイツ戦、アメリカ戦をメインに振り返ってます

◆若手の台頭

今振り返っても、今大会は特に
プリメグ(栗原選手)や大友(山本)選手と言った主力を欠いたメンバー
本来なら惨敗してても不思議じゃなかったかも知れません

そんな全日本の危機を救ったのが
江畑選手&岩坂選手&新鍋選手のトリオでしょう

特に江畑選手の成長などは目を見張る物を感じました
現在は木村選手がエースですが、江畑選手は新エースと言うか…
木村選手に勝るとも劣らない時期エースの活躍と言える位の活躍

エースの木村選手は現在、レシーブが乱れる等の
難しいトスからでもアタックを決める等の成長を感じますが
それに対抗するかの様に…イヤ、追いつけ追い越せと言わんばかりに
江畑選手が新エースとも言える位の活躍でした

岩坂新鍋コンビ…これは、タイプは違うと思いますが
かつてアテネの頃にブレイクしたメグカナコンビに匹敵する
ナナリサコンビ…そんな活躍にも感じました

岩坂選手に関しては、サーブさせれば崩すは
ガード(ブロック)させれば
今迄の日本では考えられない位に敵のアタックを止めるはで
ガードにサーブに…と大活躍でした

新鍋選手などは、中国のエース王貞治
じゃない王一梅(オウ・イメイ)をガードで止めまくる活躍

ところが試合で負けると、その後で悔し涙を流し
その涙を嬉涙に変えたのがドイツ戦
このドイツ戦では、3セット目から入って流れを変え
計16点を叩き出し、雪辱を晴らすと言う内容

と言う事で、今大会は若手の成長を感じる内容でした


◆レシーブが今迄以上に凄い

日本は元々レシーブは定評だった訳ですが
今大会のレシーブ力に関しては、強烈なアタックが来ても
今迄以上に渋とく拾う…そんなイメージでした

このレシーブに関しては、TBSのザ・サンデーと言う番組で
プロ野球、元広島監督の達川光男氏が
広島での合宿練習を見に行った時の事を絶賛してました

その内容とは、男子のコーチに協力して貰い
ネットの下に台を置いて、その上から強烈なアタックを打って貰い
レシーブする練習だった様ですが
達川氏曰く、物凄い練習だった、野球でもキャンプで練習するが
そんな練習なんか比較出来ない位に凄かったと…

この事に関しては、他の番組だったでしょうか?
選手が壊れるんじゃ無いかと思う位に凄い練習だと聞いてます

当たり前の事なんでしょうが
男子コーチの打つ強烈なアタックをレシーブする練習だと
そのアタックスピードに目が慣れてくる訳ですから
道理で今迄以上に拾える訳です(笑)

私なども、試合を見てると今迄なら
「あっ…抜かれた!」と思う様なアタックでもレシーブ
言葉を発する気持ちも無いのに、何回も
「オオッーー!!」と叫んでしまった位でした

そして…レシーブと言うと、忘れられないのが佐野選手…

この佐野選手に関しては、日を改めて記事をアップしますから
ここでは簡単に触れますが

今では言葉が必要無い位…と言うより
言葉では表せず、もうただ凄いの一言しか出ない佐野選手のレシーブ
敵のアタックに対する読みもピカイチなら、反射神経も抜群!
これも、上記で触れた様に
決められた!…と思う様なアタックでも、佐野選手が拾うと
「流石、佐野!!」
と、これも自然に声が出てた位でした


◆ガード(ブロック)が良くなった

上記でも触れましたが、特に岩坂選手が入った事で
今迄に無い位にガードからのポイントが目立ちました

実際に今迄の全日本だと、1試合でのガードでの平均ポイントが
2~3ポイント位で、5~6ポイントも取れば多いな…そんな印象でした
ところが、この大会では5~6ポイントが当たり前の様な展開…

ただ、このガードに関してですが
ガードからのポイントは勿論ですが、私の推測では
上記で触れた様に、レシーブで広い続けられたのも
このガードが大きかったんだろうと推測してます

この内容に関しては、川合氏が今迄何回も語ってた話ですが
ガードで大事なのが、ボールが当たる瞬間に指先にグッと力を入れる事
そうすると、相手のアタックしたボールが味方の近くに中に入り易い
逆に、力を入れてないとボールが簡単に外に飛ばされると…

ですから、あれだけレシーブで拾えたのも
今回は、このガード時に手に力を入てたからできたんでは…
と私は推測しました

それと、今大会では、このガードで目立った(?)のが竹下選手
と言うのも、数は身長が低い為、数は少ないんですが
ここと言う、肝心な所で決められて流れ変える…

その良い例が…と言うか忘れられないのがブラジル戦
1セット目で、ブラジルにマッチを取られた時
ここで決められたら負ける…そんな場面で
ガードしたボールが敵のラインギリギリに…
これが決まらなかったら、29年振りの勝利も無かったでしょう…

その他、ガードと言う意味では荒木選手も目立ってましたが
荒木選手などは偶然とは言え、敵のアタックしたボールが
頭に当たってのポイントなども出て
ガードからのポイントに繋がる…そんな珍プレーも出てました


◆木村選手のアタックがレベルアップ

エースの木村選手に関しては、そろそろ言葉が出ない位の活躍
それでも、ここの所目立つのがレシーブが乱れる等の
難しいトスからでもアタックを決める回数が増え

あるいは相手のガードが完成しそうだな…と言う時には
相手のガードに軽く当ててアウトを取ったり
ガードが3枚の時等、ストレートでも通常のクロスでもムリそうな場面でも
超クロスで打つなど、これも佐野選手のレシーブと同じ位
レベルがアップを感じる内容でした


◆悔しかったのが中国戦…

ただ…どうしても心残りなのが…
正確に言うと、悔しいのが先日私が怒った中国戦…
スポーツや人生に、たらればは禁句と言いますが
それでも言わずに、いられません

あの中国戦…サーブでさえ崩されてなければ…
間違い無く日本の価値で、ロンドンの切符は日本がゲットしたでしょう…

でも…ロンドンの切符は来年の最終予選で勝てば取れる…
従って、今後の闘いで
あの時、中国に負けたから今が…そんな成長を期待したいです


その他、全選手が野球で言う所の
ナックルみたいなサーブを習得した為か
サーブでの崩しが多かった様に感じます

特に、それで目立ったのが岩坂選手と竹下選手
それに荒木選手です
ノータッチエース含めて、サービスエースを決めた時
選手を見ると、大抵が、この3人だった感じでした

ちなみに余談ですが、この大会での全日本女子は
ドイツ戦を迎える迄は、1セット落とすと全敗だったんですが
それがドイツ戦で、ようやくストップ
でも、それ以外は全てストレートでの勝利でした

そして、今大会の選手成績ですが

木村が大会通して180得点
これは全選手の中で4位でしたが、これを筆頭に

ベストセッター1位が竹下
ベストスコアラー4位&ベストスパイカー5位が木村
ベストサーバー2位&ブロッカー5位が岩坂
ベストリベロ2位が佐野

以上の内容でした

最後に、この場を借りて言わせて頂きます
全日本の選手の皆さん、この大会
本当に御苦労様でした、夢を有難う御座います
そして…御疲れ様でした!(笑)

2011年W杯女子バレー、感動!日本がアメリカを潰し有終の美!!

spk1111182059007-p1.jpg

日本 アメリカ
29-27
25-23
25-18



感動!!!

凄い試合だった!!!



2011年のワールドカップ、日本の最終戦は
11月18日に東京の代々木第一体育館で行われた日本対アメリカ戦ですが
何とセットカウント3対0のストレートで日本がアメリカを潰し
最終戦を有終の美で飾りました

私は今回のアメリカ戦、どんな内容でも
ブログの記事をアップする予定でした
しかし…先日の中国戦の様に、私から見れば無様な試合だったら
叱咤した内容の記事をアップしようとも思ってました

そしたら…

どう考えても叱咤なんか出来ない…
野球では、文句無しのホームランという表現が出ますが
これは、文句の付け様が無いホームランと言う意味


今回のアメリカ戦も…文句無し!!(笑)


今大会の日本ですが、先にイタリア、今日闘ったアメリカ
それに本日中国がロンドンへの切符を掴んだ為
残念ながら、日本はロンドンへの切符は取れませんでした…

しかし、アメリカは切符を掴んだ上に、この試合で日本に勝てば
初のワールドカップでの優勝が決まる一戦でした
但し、例えアメリカが勝っても2セット落とすと
セット率の関係から、アメリカの優勝は無し…

従って、どうせなら負けても良いから悪くても2セットは取って
アメリカの優勝を阻止してくれ…と願ってました

この日の日本は第1セットから、自分達のバレーが出来てました
何せアメリカにはフッカーアキンラデウォと言う
高い2大エースが存在するんです
…にも関わらず、どんなアタックが来ても
中々アメリカのアタックを決めさせず、拾うは拾うは…(笑)

しかも相手のサーブは、ほとんど竹下選手にレシーブで返すはで
得意のコンビバレーでアメリカを圧倒!
更に驚いたのが、第1セットでは終盤アメリカにマッチを許しますが
通常なら、このままアメリカが取るセットです

しかし、この日の日本は…イヤ…今大会の日本は絶対に諦めない!
最後には逆転して、第1セットを取りました

そして2セット目、このセットも日本の勢いは変わらずでしたが
これを落とすと優勝に後が無いアメリカも流石に必死!…
途中迄は、どっちがリードする事も無く、ほとんどがサイドアウト
でも中盤以降は日本がリードして逃げ切りました

最後は第3セット…このセットは序盤こそアメリカも
意地を見せた様な内容でしたが、途中からは日本のペース…終わって見れば
29-27、25-23、25-18のストレートで日本がアメリカを潰しました

それにしても、この試合
荒木選手、木村選手、江畑選手のアタックは冴え渡るは
竹下選手のサーブ、岩坂選手のサーブやガード
更には当たり前の様に、奇跡の様なレシーブで拾い続ける佐野選手等
必死で闘う全日本女子の姿に感動しました

ちなみに今回アメリカをストレートで破りましたが
日本がアメリカをストレートで破るのは10年振りの様です


でも、この試合は五輪の…イヤ
ワールドカップの優勝戦じゃないんです
しかも…全日本には失礼な言い方ですが、勝ったとしても
メダルも無ければ五輪への切符も手に入らない…そんな試合なんです…

にも関わらず、日本の闘い方を見てると
まるで五輪のメダルが掛かった様な試合…
分り易く言うと、この試合で勝った方がメダルを獲得(?)
そんな風に感じる位の気迫でした

従って私は
「えっ?…この試合は五輪の優勝戦じゃ無いんだよな?…」
「勝ってもメダルも五輪への切符も手に入らないんだよな?…」
と何度も自分に問いかけた位でした
と言う事で日本は、この日、今大会で1番凄い試合を最後に見せてくれました
[広告 ] VPS


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS


日本、強豪米国に圧勝し4位 五輪出場は最終予選へ持ち越し
来年のロンドン五輪出場権をかけたバレーボールのワールドカップ(=W杯、11月4日~12月4日、東京など)は18日、東京・代々木第一体育館などで行われ、全日本女子(以下、日本)は、米国を3-0(29-27、25-23、25-18)で破った。イタリアが2大会連続で優勝、敗れた米国は2位となった。
日本は8勝3敗(勝ち点24)で五輪出場権を獲得できる3位以内は逃したものの、1989年東京大会以来となる4位で大会を終えた。日本の五輪出場権獲得は世界最終予選(2012年5月19~27日・東京)へ持ち越される。
直前の試合で、3位中国が勝ったため五輪出場権獲得の可能性はなくなった日本だったが、強豪米国相手に互角以上の戦いを見せた。接戦となった第1セットを、エース・木村沙織(東レ)の活躍で先取すると、焦りからミスを連発する米国を圧倒。第2、3セットを山口舞(岡山)、江畑幸子(日立)の活躍で連取して快勝した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111118-00000019-spnavi-spo

バレーボールW杯:日本、米を降し4位…8勝3敗
バレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会最終日は18日、東京・国立代々木第1体育館などで6試合を行い、日本は米国を3-0で破り通算8勝3敗で中国と並んだが、各試合の得失セット数を加味した勝ち点は24で中国の26に及ばず、4位にとどまって今大会でのロンドン五輪出場権獲得(3位以内)を逃した。日本は来年5月に日本で行われる世界最終予選兼アジア予選で、改めて五輪出場に挑む。
日本は木村、江畑のレフト攻撃を中心に攻め、高さのある米国に対してしぶとく守った。米国戦のストレート勝ちは01年以来10年ぶり。イタリアがケニアにストレート勝ちして勝ち点を28とし、日本に敗れた米国を上回って2大会連続2回目の優勝。米国は2位。日本より先に試合を行った中国がドイツを破って3位に入り、五輪切符をつかんだ。
◇最終予選に向け若手成長に収穫
中国の3位が確定し、今大会でのロンドン五輪行きが断たれた状況で臨んだ米国戦。目標を失った日本の選手たちに気の緩みが生じる事態は、想像に難くない。だが、真鍋監督は試合前、こう言って選手たちを鼓舞した。「(メダル獲得が確定する)五輪の準決勝だと思ってやりなさい」。日本女子の最終目標を意識させ、米国の撃破に成功した。
日本が流れをつかんだのは、第1セット終盤の競り合いだ。日本は米国に、3度のセットポイントを握られた。だが、そのたびにエース木村、荒木らが最高到達点300センチ超の米国ブロック網をかいくぐり、最後は江畑が強烈なスパイクを放つ。強豪とも渡り合える自信を得た。
昨年の世界選手権で銅メダルの日本は今大会も表彰台が期待されたが、29歳の山本、井上の両ミドルブロッカーを故障で欠き、27歳の栗原も離脱。そのピンチを21歳の新鍋、岩坂や、22歳の江畑ら若い力が救った。この日、最多の21得点を稼いだ江畑は「自分自身が成長でき、責任感も身についた」と語る。
 もちろん、ベテランたちもこのまま黙ってはいまい。司令塔の竹下は「最終予選に向け、チームの中でもし烈な戦いが始まる」。戦える手応えとチームへのカンフル剤。収穫は決して少なくない。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20111119k0000m050075000c.html

帰って来たゾ!高橋みゆき選手!!全日本復帰!?…

spk1111150502001-p1.jpg



アテネと北京の五輪で、全日本女子バレーで活躍した高橋みゆき選手ですが
2011年11月1日にトヨタ車体に入団、復帰が決まった様です

高橋選手の場合、北京で活躍した後に
以前所属してた団体を退団したのは知ってたんですが
それ以降、バレーの世界では見掛けず
テレビでもバラエティーしか見なかった為、引退したのかと思ってました

余談ですが、私は引退してから復帰する選手が大嫌いですから
もし高橋選手が引退しての復帰なら無視する所ですし
下記の紹介文章では現役復帰と書いてますが
現役復帰だと、引退してからの復帰みたいですから
ここでは、ただの復帰と書かせて頂きます

でも…引退じゃなくて良かった…(笑)

私自身、バレーのテクニック的な物に関しては詳しくは無いですが
それでも高橋選手のテクニックで言うなら
相手のガードを利用してのポイントゲットは、いつも感心してました

例えば、アンテナ付近で相手のガードに当ててアウトを取る…
又、同条件でアンテナに当てて、やはりポイントを取る…
そうかと思うと、相手の指先に当ててワンタッチを取る等…

今、全日本では若手選手が段々育っており
最近では木村選手が相手のガードに当てての
アウトを取るシーンが少しずつですが、増えて来た様に感じます
しかし…この高橋選手の様なテクニックは、まだまだ…です

それを考えると、高橋選手が全日本に復帰してくれれば
大袈裟な言い方かも知れませんが
今の選手層に対して、鬼に金棒に近い様な気がするんです

そうすると…もしロンドンに間に合えばロンドンで…
間に合わなかったとしたら、ギリギリで次の五輪では
全日本の選手全員が、輝く物を首に掛けた姿を見れるかも知れません


元日本代表・高橋みゆき現役復帰
元バレーボール日本代表で、アテネ、北京五輪に出場した高橋みゆき(32)が、プレミアリーグのトヨタ車体で現役復帰することが14日、明らかになった。チームが公式サイトで発表した。
復帰は、高橋が「初心に戻ってもう一度大好きなバレーに取り組みたい」とチーム関係者に話したことがきっかけ。11月1日付で入団し、すでにチームに合流して練習を始めている。関係者によると、代表復帰については「練習を再開したばかりなので、まだ何もわからない」と話しているという。
高橋は1997年にNECに入団し、2000年に日本代表初選出。「ニッポンの元気印」と呼ばれ、1メートル70と小柄ながら柳本晶一前監督(60)時代に日本の得点源として活躍した。05年からイタリア・セリエAのヴィチェンツァで2年プレーし、09年6月にNECを退団。競技の第一線を離れ、タレント活動などを行っていた。
http://www.sanspo.com/sports/news/111115/spk1111150502001-n1.htm

【水戸黄門】43部の撮影が遂に終了…

<水戸黄門>撮影終了 一行の旅に区切り



考えたくないな……………


2011年11月11日【水戸黄門】43部の撮影が
京都の東映京都撮影所でクランクアップ…つまり終了しました

この話題、本当は数日前には分かったんですが
【水戸黄門】ファンとしては、あまり触れたくない為
今迄アップしませんでした

従って、今回も文章に関しては
あまり深くは触れません…と言うか触れたくないです

但し、放送自体は12月12日迄ですから
まだ完全に終了した訳じゃ無いんですが
撮影自体が終了した為、撮影スタッフは全てを終了した為
事実上の終了と言う事です

余談ですが、今迄でもシリーズが終了する度に
クランクアップは当たり前でしたが
今回はシリーズではなく、放送自体の終了クランクアップ…

ただ…ここで触れられてる撮影終了の内容は
また日を改めて記事をアップしますが
43部のレギュラー放送終了の1週間後に放送される
2時間スペシャルの撮影も終了したと言う内容です

尚、この【水戸黄門】の放送に関しては
水戸市の市長始め水戸市の団体…更には京都府と京都市迄
放送継続を求めてる様ですから、今後の展開は分かりませんし
その内容に関しては、今度私がアップ予定の2時間スペシャルの記事で
スタッフからの意味深(?)な発言を知りましたから

本当に、涙!…なのか、どうかはハッキリとは言えません

但し、私個人としては、たった1つ心残りなのが
いつかは京都の太秦撮影所に【水戸黄門】の撮影風景を見に行きたい…
そう思ってたんですが、残念ながら、それは適わぬ幻と…

それでは、この記事の最後に撮影クランクアップに関する画像を載せて
今回の記事の最後と、させて頂きます

01.jpg04.jpg12.jpg

09.jpg08.jpg02.jpg

03.jpg06.jpg07.jpg

05.jpg10.jpg11.jpg



<水戸黄門>撮影終了 一行の旅に区切り
人気テレビ時代劇「水戸黄門」(TBS系)が、京都市右京区の東映京都撮影所でクランクアップ(撮影終了)した。69年8月の放送開始から42年。通算43部、1227回にわたるご老公様一行の旅は区切りの日を迎えた。
最後の撮影があったのは11日。かつての人気レギュラー、由美かおるさんがゲスト出演し、里見浩太朗さん演じる水戸光圀(みつくに)を久しぶりに訪ねるという最終回スペシャル(12月19日放送)の1シーンだった。OKの声が掛かると撮影スタジオ内に大きな拍手と「お疲れ様でした」の声が響いた。
最高視聴率43.7%(79年2月5日、関東地区)。かつて平均30%台を誇った国民的番組は、民放時代劇が激減する中で孤軍奮闘してきた。しかし近年の視聴率低迷には勝てず、放映終了が決まった。一方、黄門様の地元・水戸市では市民団体が放映継続を求める署名活動を展開中。撮影所を抱える京都府と京都市も在京民放キー局に連続時代劇の継続を求める要望書を提出するなど、各方面で反響が広がっている。
助さん(佐々木助三郎)を17年、5代目黄門様を10年演じた里見さんは「どんちょうが今下りたんだなあという思い。笑顔で記念写真を撮らせてもらったが、心の中は涙でいっぱいです」と感無量の様子。今の時代劇不遇の時代については「私たちの時代は先輩方が目の前にいて、勉強するには事欠かなかった。でも、これからの俳優さんは、どうやって時代劇を勉強するのでしょう。撮影所はどんな時代劇にも対応できる機構を持っているが、早く次の時代劇が始まらないと消えてしまう」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111113-00000010-mai-soci

2011W杯女子、歴史的勝利?!やれば出来るジャン!日本が女王を潰す!!

日本がブラジルにストレート勝利、女子バレーW杯


迫田さおり
木村沙織
迫田さおり木村沙織
狩野舞子
新鍋理沙
狩野舞子新鍋理沙
森和代
石田瑞穂
森和代石田瑞穂
竹下佳江
中道瞳
竹下佳江中道瞳
岩坂名奈
江畑幸子
岩坂名奈江畑幸子
荒木絵里香
佐野優子
荒木絵里香佐野優子
座安琴希
山口舞
座安琴希
山口舞






スッゲェ!!~





ビックリしたなぁ~もう!(笑)



でも…嬉しかったなぁ~(笑)

2011年11月13日現在、ロンドン五輪(オリンピック)への切符を目指して
W杯(ワールドカップ)で全日本女子…火の鳥ニッポンが闘ってます

その火の鳥ニッポンが13日、札幌市豊平区の北海きたえーるで
女王ブラジルと対決!何とセットカウント3対0のストレートで下しました

えっ?ストレート????
本当にストレートで勝ったんだよな???………


……イヤ…そう言いたくなる気分なんです
ハッキリ言って、全日本女子には申し訳無いんですが
私は、この試合ストレートで負けるだろうと思ってました

その理由は、ここ迄の闘い方です
ここ迄の全日本は、弱小国…正確には今迄勝って来た国には勝てるけど
負けて来た国には負けると言う、毎大会同じ事の繰り返しに感じたからで

但し今大会は常勝国が負ける…あるいは調子が悪い等
番狂わせも知ってますが
それでも全日本は、今迄と変わらなかったからです

そして、この日も全日本に期待してなかった理由は、もう1つ…
先日の中国との試合です
あの試合だって、結論から言うと日本がストレートで勝っても
不思議は無かったんです

ところが2セット目で相手のサーブから崩されて流れが変わり
更には3セット目は取った物の、4セット目と5セット目は
途中迄リードしておきながら逆転を許し、3対2で負けた為
私は猛烈に腹が立ったからです

しかし…この日の全日本は違ってた…

3セット共一時的にはリードを許す物の
今迄のブラジル戦とは雰囲気も全然違う!

サーブで崩すはブラジルのアタックは粘り強くレシーブして
中々落とさないはで、ブラジルのリズムを崩し
更には、途中で3ポイント位差を広げられても追い付くと言う
どう考えても、今迄のブラジル戦とは思えない!(笑)

ただ…全日本が流れを掴んだのは1セット目
23対24でブラジルがセットポイントの時です
敵のアタックを、何と竹下選手がガード!
これが大きく弾みましたが、敵のラインギリギリにポトリ…
何と188センチのアタックを159センチがガードした…
これで流れが全日本に…

但し…流石女王ブラジル…そう簡単には勝たせてくれぬ(笑)
3セット目は終盤迄にリードを広げて
そろそろ安心かな?…と期待した頃に、驚異的な粘りで1点差の2

従って、この試合では日本のリードで少々点差が広がっても
全く安心は無かったですし
1~2セットを連取した時も、去年(2010年)の世界バレーでは
ここから逆転されてフルセットで負けたからです

しかし、この試合は最後に木村選手が決めて
終わって見れば、セットカウント3対0のストレートで女王ブラジルを破り…
イヤ…ブラジルを潰し、私から見れば歴史的勝利を収めました

ただ…歴史的…と言っても全日本の場合
去年の7月、ワールドグランプリでは中国の寧波と言う所で
フルセットですが9年振りブラジルを破った為
全日本の歴史としては歴史的では無いです…

でも私は、その試合を見れなかった為
私から見れば、日本がブラジルを破ったのは初めて見ましたし
ストレートで破ったのが、世界3大大会(五輪、世界選手権、W杯)では
82年の世界選手権以来29年振りらしく
更に、W杯では初めての様ですから、それを考えると
今日の試合の方が、歴史的と言って良いんではないでしょうか?


日本、ブラジル破る=望みつなぐ5勝目―W杯バレー女子
バレーボールのワールドカップ(W杯)女子第8日は13日、北海道立総合体育センターなどで行われ、日本は世界ランキング1位のブラジルを3―0で破った。5勝3敗の勝ち点16で5位を守り、五輪出場権を得る3位以内へ望みをつないだ。
第1セットは木村(東レ)、江畑(日立)らが要所で強打を決め、26―24で先取。第2セットを逆転で奪うと、第3セットは逃げ切った。不調のブラジルは3敗目。
首位のイタリアはセルビアを3―0で下して8連勝。米国はドミニカ共和国にストレート勝ちして1敗を守った。ドイツはアルゼンチンに、中国は韓国に3―0で勝って6勝2敗。アルジェリアはケニアを破った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111113-00000065-jij-spo

崖っぷち、エース奮起=日本、女王に快勝-W杯バレー女子
崖っぷちの日本が執念を見せた。真鍋監督が「まずサーブで崩したい」と言った通り、序盤からサーブが効いて競り合う。23-24から竹下の鮮やかなブロックでムードが高まると、エース木村が立て続けに強打を決めた。
第2セットも奪ったが、昨年の世界選手権ではここから逆転負けしている。真鍋監督が「勝負」と選手に言い聞かせた第3セット。江畑らの活躍でリードし、23-22と迫られた後も、再び木村が続けて強打を決め、振り切った。
「競り合った第1セットを取れたのが大きい。勝負どころで決められてよかった」と木村。真鍋監督も「苦しいところで木村と江畑がよく決めてくれた。特に江畑は成長した」と喜んだ。
残り3試合で上位の米国とドイツを倒し、さらに他国の結果に期待するしかない五輪切符。厳しい状況は変わらないが、真鍋監督は「この勢いで3試合を戦いたい」と力強く言った
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011111300238&rel=y&g=spo

【ヌードの夜】佐藤寛子の悩殺巨乳ヌード!!

今回の【ヌードの夜】なんですが
この作品は、1993年に余貴美子氏が演じた佐藤寛子バージョンです

正式タイトルは『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』の様です
ただ、私自身、氏のバージョンは
ほとんど知らない…正確に言うと
見た記憶は残像として残ってるんですが、内容は覚えてません

更に、佐藤寛子バージョンに関しても内容は、ほとんど見てません
これは男性人なら同じだと思いますが
ほとんどの方が、佐藤寛子のヌード見たさに…だと思いますから
ここでは、その話題での御紹介です

ただ…実は私の場合、巨乳には興味が無い為
巨乳好きの方からは、物足りない文章かも知れませんので
その辺は御了承ください

この作品、佐藤寛子が脱いでるのは計4回
シャワーシーン、車中での絡み(濡れ場)、ベットでの絡み
そして、暗闇でのグラビアイメージみたいなシーンです

私が、この作品を見ようかと思った理由は佐藤寛子の艶っぽさです
と言うのが、ドラマ等で何回か見たんですが
顔や唇が色っぽく感じてた為、以前から脱いだら絡みが見たいと思ってました

但し、絡みは全て相手が竹中直人なんですが
2回の絡みの中で、1回目は佐藤寛子が自分から迫り
2回目は、竹中直人が迫ってますが
出来れば他の男との絡みも入れて、レイプシーンが見たかったです

余談ですが、竹中直人に関しては
氏の時にも相手役でしたし、今回も相手役…
それを考えると、氏とも絡みを見せたし
佐藤寛子とも絡みを見せた…そう考えると
巨乳や佐藤寛子が好きな方から見れば、たまらない内容かも…

いや、羨ましいかも知れません…


[広告 ] VPS

【妖怪人間ベム】の唄、ベラバージョン登場!

【妖怪人間ベム】の唄ベラバージョン登場!



先日、当ブログでも紹介しましたが
現在【妖怪人間ベム】のドラマが放送されてます
その中でも、アニメには無い内容として
OP曲を、ベムベラベロが歌ってるんですが

実は私の場合、ベラが歌う【妖怪人間ベム】の唄は…
つまり、ベラが歌ってる部分は結構好きな方なんです

と言うのがベムの唄の中では
ベラのセリフの「人に姿を見せられぬ」の部分
これを聞いた時、随分声が綺麗なんだな~と思ったからで
そこで私はネットでも、他に無いかとベラの唄を探したんです

しかし、流石にネットでもベラの唄は幾つかヒットしました
ところが、幾ら探しても、ベラ…つまり氏自身の
この様な声での唄は聞けませんでしたからチョット残念な気分でした

ところが何と、ベラ自身がベムの唄をカバー!!
それが今回ご紹介する
『妖怪人間ベム ~ベラ ボサノバver.~』です
早速、曲を聴いてみると…
期待通り、あの綺麗な声が聞けたという感じでした(笑)

ただ…1つだけ残念なのが、ボサノバとの事ですが
私はボサノバに関しては、よく分かりませんし
私流に表現すると、バラード調に聞こえるんですが
ベムの唄というと、どうしてもアップテンポで慣れてしまってる為

今1つ違和感が…(笑)

従って、もう少しアップテンポだったら
もっとベムの曲らしいのに…と思いました

でも…以前ご紹介した様に、アニメとドラマの比較の様に
アニメはアニメ、ドラマはドラマと考えて見ると違和感が無い様に
今回の唄はベラ…イヤ…正確に言うと
氏の唄として聞けば、特に違和感無く聞ける感じです

それに…ベラの歌い方…特に「ベム、ベラ、ベロ」の部分…


艶っぽ~~~~(笑)


[広告 ] VPS


杏、「妖怪人間ベム」OP曲をセクシーにカバー
日本テレビ系連続ドラマ「妖怪人間ベム」(土曜・後9時)に、ベラ役で出演しているモデルで女優の杏(25)がこのたび、オープニングテーマ曲「妖怪人間ベム~ベラ ボサノバver.~」をボサノバ調にカバー。16日から着うた、着うたフルで配信されることが分かった。
 「早く人間になりたい!!」。このセリフで有名なテーマ曲が生まれ変わった。ボサノバだけにアップテンポで、不気味な感じの原曲から印象がガラリと変わった、さわやかな曲調になった。杏はギターの調べに透明感のある歌声を合わせている。
秀逸なのは「早く―」という名セリフをセクシーボイスで披露していること。きっかけは杏が「『ボサベラ』(造語)と称して格好良く歌ってみたい」と、音楽スタッフに話した一言だった。昨年11月、ミニアルバム「LIGHTS」で歌手デビューした杏は、中学時代は聖歌隊に所属。鍛錬された歌声が好評だったこともあり、企画が進んだ。
「ささやき風に歌ったので、今までレコーディングした自分の声とは『一味違うな』と感じました。演奏もアニメっぽさを残しつつ、大人の女性の様な艶(あで)やかさもあって新鮮でした」と杏は話している。ドラマはこれまで放送した3話の平均視聴率が17・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調なスタートを切った。セクシーボイスの配信で、さらに弾みをつけたいところだ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111112-OHT1T00006.htm

杏、「妖怪人間ベム」をボサノヴァカバー
モデルで女優の杏(25)が、現在ベラ役で出演している日本テレビ系ドラマ『妖怪人間ベム』(毎週土曜 午後9時)のオープニングテーマ曲「妖怪人間ベム」をボサノヴァアレンジでカバーすることが、わかった。杏が歌唱する「妖怪人間ベム~ベラ ボサノバver.~」は、16日より着うた(R)と着うたフル(R)で配信される。
同曲は、杏が「ボッサベラ(=「ベラ」は役柄)と称してカッコよく歌ってみたいね」とスタッフと話していたことが現実化したもので、ややミディアムテンポの曲調は、大人が聴いても違和感のない楽曲となっている。
レコーディングを終えた杏が「思っていたよりもずっとウィスパーに歌ったので、今までレコーディングした自分の声とは一味違うな、と感じました」と語るように、「♪早く人間になりた~い」というキメセリフを囁きかけるように歌っており、「演奏もアニメっぽさを残しつつ、大人の女性の様な艶やかさもあって新鮮でした」と同曲で新たな一面をのぞかせた。
同ドラマは、現在好視聴率をマークしており「スタッフ、キャスト共に全員が妖怪の様になりながら力を尽くして作っている現場なので、みなさまに見て頂けるのが本当に嬉しいです」と喜んだ。また、歌手活動について「来年オリジナルアルバム発売を目標に鋭意制作中で、これからもたくさん歌っていきたいです!」と意欲をみせた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000321-oric-musi

えっ!芦田愛菜ちゃんがタレント引退!?転向??

04606685.jpg


芦田愛菜ちゃんがタレント引退!?………


そんな衝撃が走る!!




芦田愛菜ちゃんと言えば
今は姿を見ない日が珍しいかも?…と思う位に
CM含めて、毎日の様に見る売れっ子子役タレントです

私も含まれますが、特に30歳前後や
それ以外の父親世代の方々など、こんな娘が欲しい…
そう思われる方も、いらっしゃるんでは?…と感じる所です

このまま成人して行ったら、どんな大人に成長するんだろう?
と期待したくなる雰囲気を持ってますよね?

しかし…その愛菜ちゃんがタレントを引退して
転向を考えてる様だと、皆さんは御存知だったでしょうか?


実は先日行われた『2011小学館DIMEトレンド大賞』の
『話題の人物賞』サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督と共に
同時受賞した様なんですが
その時、佐々木監督からオファーを受けて快諾したとの事…

こんな所でスカウトされ、しかも承諾した…
と言う事はタレント引退で、もうコメディ番組等で
あの可愛いリアクションも見れないのか…残念です!!




………えっ?光圀よ文章を、よく読めって?


書いてるのは
金メダルをもたらした指揮官の勧誘に、愛菜ちゃんは「サッカーはあまりやったことないけど、やってみたいです!」と大乗り気だった。
「女子サッカーを繁栄させるためにも、彼女にオファーをしておきました」となでしこ入りを打診したことを明かした。


ほら!!よく読めってオファーで承諾って書いてるでしょう?
えっ、その後???………
「徐々に始めていけば、きっとなでしこも夢じゃないでしょう」と猛プッシュした。ウン年後、ピッチで歓喜のマルモリダンスを踊る愛菜ちゃんが見られるかもしれない!?



ウン年後???………あぁ!そういう事か!
今直ぐじゃなくて…将来的にかぁ(笑)

安心しました~~…………って、わざとらしいって?


ハッハッハッ…バレましたか
と言う事で、お騒がせしましたが、芦田愛菜ちゃんに
サッカー界から将来のスカウトが来たと言う話でした(笑)



愛菜ちゃん“なでしこJAPAN”入り!?
人気子役の芦田愛菜(7)が8日、サッカー女子日本代表・佐々木則夫監督(53)から将来の「なでしこJAPAN」入りのオファーを受けて快諾した。2人は「2011小学館DIMEトレンド大賞」の「話題の人物賞」を同時受賞。この日、都内で行われた「発表・贈賞式」に出席し、サッカー話に花を咲かせた。7月の女子W杯で金メダルをもたらした指揮官の勧誘に、愛菜ちゃんは「サッカーはあまりやったことないけど、やってみたいです!」と大乗り気だった。
愛菜ちゃんが、なでしこJAPANの指揮官から直接、“入団オファー”を受けた。「話題の人物賞」を受賞した2人はこの日、楽屋で初対面。「いつもテレビで愛菜ちゃんの活躍を見ていた」という佐々木監督が、「女子サッカーを繁栄させるためにも、彼女にオファーをしておきました」となでしこ入りを打診したことを明かした。
佐々木監督は、愛菜ちゃんが「マルモリダンス」で見せる完ぺきな踊りと元気な歌声にひかれた様子。スポーツにリズム感は不可欠だけに、金メダル女戦士のFW丸山桂里奈(28)=千葉=らを思い浮かべ「ウチにも『歌って踊れる』選手が多いから愛菜ちゃんも大丈夫」と高い評価を与えた。
指揮官の熱烈ラブコールに対し、愛菜ちゃんも「サッカーはあまりやったことないけど、やってみたいです!」と即答。GKに挑戦した際、顔にボールがぶつかり痛かったという苦い思い出はあるものの「監督も見たことあります。なでしこのお姉さんたちはかっこいいと思います」と、とびっきりの笑顔を見せた。
まだ7歳の愛菜ちゃんの伸びしろは無限大だけに、佐々木監督は半分、本気の様子。似ている選手にFW岩淵真奈(18)=日テレ=を挙げ「同じ“まな”だし、2人とも(携帯電話の)ストラップにしたいくらいにかわいい」と目尻を下げ、「徐々に始めていけば、きっとなでしこも夢じゃないでしょう」と猛プッシュした。ウン年後、ピッチで歓喜のマルモリダンスを踊る愛菜ちゃんが見られるかもしれない!?
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/11/09/0004606684.shtml

tag : 芦田愛菜

動画で共演(?)比較!物真似の歌姫、荒牧陽子メドレー!!

今、物真似の歌姫と言うと
荒牧陽子氏が大ブレイクしてますが
様々な唄を聞いてると、本当に上手いな…そう思います

それで今回は、動画で面白い(?)物を作ってみました

その前に、テレビで知ったんですが荒牧氏の場合
20歳で上京してからは、幾らオーディションを受けても合格せず
その時に、歌が上手いだけじゃプロはダメなんだよと言われた様ですが
当時は、その意味が分からなかったとの事で
カラオケヴォーカルで歌ってたらしいですね

ところが、その唄を聞いたカラオケユーザー達が
本物そっくり…しかし本物が歌う訳が無いと、ネットで盛り上がり大反響!…
それが起点で、物真似のアーティストとしてデビューに至ったとか…

それを考えると、私も人生の中での運に関しては
何回も不思議を経験してますが
本当に人生なんて何処で縁や運に出会うかが分かりません…(笑)

しかし当時は、それも迷ってたらしいです
でも自分の物真似を見てファンが喜んでくれる…
それなら、ファンが要求する唄を歌うのがプロなんじゃないのか?
そう考えた時、オーデションで歌が上手いだけじゃダメだと
言われた意味が、ようやく分かったと

つまり、それ迄の自分は自らが唄たい物を歌ってた
でもプロならユーザーのニーズにも答える必要が…と…

でも…個人的な感想としては、1人や2人なら分かりますが
坂本冬美氏や倖田來未氏等様々なジャンルの
複数アーティストを物真似出来るとは…
しかも…それを、わずか2ヶ月で20人以上…凄過ぎます(笑)

ただ…以前にも少し実現してましたが
そうなると、アーティスト本人と比較すると
どれだけ似てるんだろう?…そんな風にも感じました

そこで今回は、動画でアーティスト本人と共演(?)
どれだけ凄いかを比較してみました
但し、共演と言っても今回の動画は
荒牧氏の歌の後にアーティスト本人の歌を入れての比較です

ちなみに入れたアーティストと曲名を御紹介すると
mihimaru GT「気分上々」 Every Little Thing「Time goes by」
坂本冬美「また君に恋してる」スピード(島袋寛子)「White Love」
八代亜紀「舟唄」大塚愛「プラネタリウム」石川さゆり「天城越え」
倖田來未「キューティーハニー」の8曲です


余談ですが、荒牧氏が坂本冬美氏と倖田來未氏の唄を歌ってる時
他の出演者と一緒に座って聞いてる芦田愛菜ちゃん
小声で一緒に歌いながら(?)目に光る物が見えました

最後に、動画の映像を見慣れた方、次は目を閉じて聞いてみて下さい
本人と荒牧氏、どっちが歌ってるのかが分からなくなります(笑)

アニメ&ドラマの比較【妖怪人間ベム】の違い

先日、2011年10月22日
ドラマ版で【妖怪人間ベム】が始まりました
私もアニメを子どもの頃に見てた世代として
非常に懐かしく感じてます(笑)

そこで今回は、アニメとドラマの両方を比較した内容を
ご紹介したいと思います
その前に、動画HPから来られた方
申し訳ありません、動画の解説は1番下に載せさせて頂きました


まず、これが人間の姿と妖怪の姿の比較です
人間の姿
ベム
ベラ
ベロ
アニメ、ベムドラマ、ベムベラ
ドラマ、ベラアニメ、ベロドラマ、ベロ
妖怪の姿
ベム
ベラ
ベロ
アニメ、ベム(妖怪)ドラマ、ベム(妖怪)アニメ、ベラ(妖怪)ドラマ、ベラ(妖怪)アニメ、ベロ(妖怪)ドラマ、ベロ(妖怪)


そして上記画像を言葉で解説させて頂くと

内容
アニメ
ドラマ
ベム
髪型
スキンヘッド
ロングヘア?
上着
黒のスーツ&白のアスコットタイ
焦げ茶色のジャケット(?)&スカーフ(?)
ズボン
白のスラックス(?)
紺系のジーンズ
ベラ
マント
表が赤で、裏がブルー
表が濃い青で裏が赤
紫のワンショルダー(?)
紺系のドレス
ベロ
濃い青
無地の赤
赤にワンポイント風のバッチ(?)


以上がアニメとドラマで、人間の姿と妖怪の姿で比較した内容ですが
これ以外で、アニメとドラマを比較すると
これはベムとベロだけなんですが、アニメでは何も無いんですが
ドラマでは、この2人の頭にコブ(?)が生えてる(?)

そして、アニメではベムの方がベラより頭1つ分位背が高いが
ドラマではベラの方が背が高い…まるでノミの夫婦(?)

それともう1つ、アニメとドラマでは
決定的(?)な違いが見れるんです、それは…指の数です
アニメ、人間指が3本 ドラマ、人間指が3本アニメ、妖怪指が3本ドラマ、妖怪指が3本

御覧の様に、アニメでは人間の姿も妖怪の姿も共に指は3本ですが
ドラマでは…流石に出来なかったのか、5本指ですね
今の時代はCGも使用出来ますから、妖怪の姿だけでも指が3本は可能みたいに感じますが…

そして、これが両者の役者比較です
アニメ(声優)
ドラマ(役者)
ベム
小林清志
亀梨和也(KAT-TUN)
ベラ
森ひろ子
ベロ
清水マリ
鈴木福


更に、ここからは私が感じたキャラを比較した感想を書かせて頂きます


◆ベム

ベムの役は、KAT-TUNの亀梨和也氏ですが
ドラマの亀梨氏の場合は、若いベムの設定らしく
やはり、昔のベムを知ってる世代から見れば違和感を感じます

アニメ版のベムは、担当が声優の小林清志氏だけに
年齢も40歳~50歳代位のイメージで渋く
体格もガッチリ型の、いかにも強そうな雰囲気ですが
ドラマのベムは体格も細く、裸を見た時など
敵と闘ったら骨折しそうなイメージを感じました

従って、伊武雅刀氏…あるいは、ちょっとイメージは違うかも知れませんが
ベラとの身長差を考えると【水戸黄門】に柘植の飛猿役で出てた
野村将希の方が適役かも…と…(笑)

但し…勿論その渋さ等を亀梨氏に要求するのは酷という物…

アニメとドラマは別として認識して

例えば、ベムの青年期…これは【古畑任三郎】で放送した事なんですが
通常放送されてるのは、田村正和氏のバージョンです
しかし、1回だけ中学時代と言う設定で
山田涼介氏演じる【古畑中学生】を特別編で放送しました

それと同じ感覚で、あれから30年以上が経過しており
ベムにも息子が出来、その息子が青年に成長して登場…
みたいに考えるとか…
そう考えると、時折悩む姿などは
「オヤジだったら、こういう時、どうしただろう?」
そんな姿とも取れるかも知れません


◆ベラ

ハッキリ言って、最初にベラのキャスティングを知った時
あの気の強そうな雰囲気は、北川景子氏か黒木メイサ氏の方が
適役だろうと感じましたし、実は今でも、その考え方は変わってません

しかし、いざ放送が始まって演技を見ると…


ウマッ!!(上手い!!)


あの気の強そうな…しかし、第2話で見せた
何処か暖かい気持ちを持ってそうな
そんな演技がジャストフィット!

まるで「早く人間に、なりたい!」と言ってたアニメのベラ
そのまま人間の姿に変わったか?…みたいにも感じますし
更に、その喋り方などは【ショムニ】で坪井千夏を演じた
江角マキコ氏の口調を思い出す様な

当然、3人共このドラマに出る時は相当色々研究したと思いますが
1番研究熱心だったんでは?…と思う位に感じましたし
余談ですが、アニメのベラより艶っぽい…(笑)

実は、私が初めて氏を見たのが
【華麗なるスパイ】で平原三九役を見た時なんですが
それ以外では、CMで見たり等でした
しかし、髪型やメイクの影響でしょうか?
今迄、氏を艶っぽいと思った事が無かったんです

但し…幾ら艶っぽいと行っても
私が、もしベラに「ベラ、デートしようよ」と誘っても

アタシゃ人間と…まして、アンタみたいな中年男と
デートする趣味は持っちゃいないのさ、他の女を探しとくれ
どうしてもアタシとデートしたけりゃ、
もっと男を磨いて来るんだね!

と…秒殺ヒジ鉄をプレゼントされそうだ…そんな風に感じます(笑)


◆ベロ

このベロに関してですが、ドラマでは鈴木福氏が演じてます
ただ、アニメと比較するとチョット子供っぽ過ぎる感じ(?)…
その理由は喋り方です

アニメのベロは喋り方も
もっと、しっかりしたイメージを感じたからなんですが
但し、アニメでの設定では10歳前後との事ですが
通常なら…つまり人間なら小学4年~6年位の雰囲気

これは極端な例ですが【サザエ】さんで例えるなら
見た目はタラちゃんなのに、喋り方はワカメちゃんか
カツオ君の雰囲気…みたいに
しかしドラマのベロは、やはり7歳…小学1年だな…と…(笑)

但し、これもベム同様に
ベロも30年以上経過して息子が出来て7歳に成長
そんな風に考えれば違和感が無いかも知れません


以上が各キャラに対する私の感想なんですが
しかし、今1つ違和感を持ったベムベロに関しては

今回のドラマ、30年以上経過して
かつての同僚(?)だったベラに会いに来て
現代社会で一緒に活躍してる…
ベラだけは、サザエさん一家の様に年齢が重ならず

そんな設定で考えると、違う楽しみ方が出来るかも知れません


但し、これはアニメとドラマを比較した場合の感想ですから
実際にドラマを見てる時には、そんな事は考えてません

ただ…やはり懐かしさから、どうしてもアニメも見たくなる…
そしてドラマを見た後でアニメを見てしまうと…
この様な違和感を持ってしまうと言う事なんです

ただ、それでもドラマ版の【妖怪人間ベム】が面白い事は確かです
それは、やはりアニメとドラマでは主人公以外でも
キャラを大幅に変えてますし
アニメでは私服の警官役…性格には警官の友人(?)役なんて
出て来ませんでしたから…(笑)

それでは最後に、アニメとドラマを比較した
OP(オープニング)曲の違いを載せておきます
同じ
違う
1 アニメ泡1 ドラマ泡2 アニメ細胞複数2 ドラマ、細胞複数
同じ
違う
3 アニメ瓶からヘドロ?3  ドラマ瓶からヘドロ?4 アニメ、ヘドロが落ちる4 ドラマヘドロが落ちる
同じ
同じ
5 アニメ、ベムの影5 ドラマ、ベムの影6 アニメ、ベム後姿6 ドラマ、ベム後姿
同じ
同じ
7 アニメ、ベム正面7 ドラマ、ベム正面8 アニメ、ベラ&ベロ後姿8 ドラマ、ベラ&ベロ後姿
同じ
同じ
9 アニメ、フラスコ割るベロ9 ドラマ、フラスコ割るベロ10 アニメ、ベラ正面10 ドラマ、ベラ正面
違う
11 アニメ、ベラ&ベラ&ベロ最後11 ドラマ、ベラ&ベラ&ベロ最後

上記を御覧頂くと分かると思いますが、ほとんどの部分が変わってません
但し、⑫で違うと書いてるのは
分かり難いかも知れませんが、最後にが引っ掻く動作を
アニメではベロなんですが、ドラマではベムが見せてます

ただ…アニメで出てドラマに出ない…又は、その逆の部分も御紹介すると
この様な感じです
①の後
アニメ○ドラマ×
②の前
アニメ×ドラマ○
③の後
アニメ○ドラマ×
アニメ泡複数
ドラマ、細胞
アニメ細胞からヘドロ


それと、画像では分からないんですが
動画を御覧頂くと、OP画面のBGMが違います
ちなみにアニメのOP画面のBGMに関しては、私も同感なんですが
ネットで調べても、子供の頃に見てた方は怖かったと書かれてる方が多いです

しかし、ドラマでのOP画面のBGMはベムのテーマが演奏されてるだけ…
全然怖くない!!(笑)
これは私等、大人が見れば当然ですが、今の子供達が見ても怖くないんでは?
ただ、子供から見ればドラマの妖怪姿の方が怖いかも知れませんが…(笑)

それでは動画HPから来られた方、大変お待たせ致しました
ここからは動画でOP画面を比較して頂こうと思います…が…
このOP画面、アニメよりドラマの方が、テンポが早過ぎ…(笑)

そして今回アップした動画に関してなんですが
動画名で『アニメ&ドラマ比較…』と書きながら、動画はアニメとドラマで分けてます

この理由なんですが、本当は1本に合成しようかとも思いました
ところが、その場合は例えば
アニメとドラマで比較したい場面を見つけられた時
いちいち動画で時間のバーをシーク…
つまり特定の時間迄移動しないと出来ません

しかし、別々にアップした場合、各動画を好きな所で止める等なら
両方を比較し易いんでは?…そう考えて分けました



[広告 ] VPS

巨人、2011年シーズン終了…だが、やっぱりダメ巨人!

2011年10月30日、プレーオフ(CS)で
ヤクルトに敗れ、今シーズンの試合が全て終了した
そこで今回は、今年の巨人に対して
我慢出来なかった事を書かせて貰おうと思う

尚、今迄私のブログを読んで頂いてた方なら分かると思うが
本来私は文章も敬語系で書いて来た
しかし今回は申し訳無いが、荒い口調で書かせて貰う


◆だらしなかった打線

ピッチャーは途中からだが、そこそこ頑張ってたと思う

しかし、特に、だらしがなかったのは打線
統一球に変わった事でボールが飛ばず
選手たちにも焦りが出たのは仕方が無い事だと思う

しかし、そんな事はシーズン前から言われてた事だし
今年は大きいのを狙うより、繋ぎの野球だと言われて来た
ところが、いざ蓋を開ければ今迄と同じ

それが証拠に…と言う訳じゃないが
どの選手もボールを遠くに飛ばす事ばかりを考えてるかの様に
力んで打ったり引っ張ってばかりだったり
更に、ここは、じっくりボールを見て…と言う場面でも
簡単に…あるいは淡白に打ったり

又、ギリギリ迄引き付けてセンターから右方向に打たなければ…
と言う場面でも、バットの出が早い為に術中に嵌る等
今シーズンは数え切れない位に無様な内容だった

そう…それは、まるで
やる気が、あるんだか無いんだか分からない様な感じで…

更に、本来ならファンだから悪くは言いたくない事だが
私の好きなラミちゃん事、アレックス・ラミレスでも同じだった
特にラミちゃんは、悪い時のクセが多く
一時的に良くなっても、また同じ事の繰り返して

今迄ラミちゃんと、親しみを込めて呼んでた私も
あまりにも酷い成績にちゃんを付ける気持ちも無くなり
今年はラミ…と呼び捨てに変わった

それにだ、同じ打てなくても、例えばだが
トップバッターならバントの構えで相手ピッチャーを揺さぶったり
今シーズンに限った事じゃないが
横浜の村田の様に、内野ゴロを打った後でも
ファーストに全力疾走する等…
打てないなら、それなりに幾らでも気持ちを前に出す事は出来る筈だ

それに本来打線と言うのはピッチャーをフォローして
点を取って援護する立場だ
そういう意味では、今シーズンの巨人打線は
確かにピッチャーを助けてる試合は非常に多かった

但し…ここで言う助けたのが多かったは敵のピッチャーの話だ
つまり、今シーズンの巨人打線は
自軍のピッチャーを助けないで、敵のピッチャーを助ける事が多かった
そんなシーズンに、私からは見えた

そんなバッティングを毎試合の様に繰り返すから
1試合平均も1~3点しか取れない試合が非常に目立つシーズンだったし
今シーズンの巨人は連勝らしい連勝がゼロに等しかった
勿論、本当に連勝が無かった訳じゃない

あった事は、あった…しかし無いのと同じだと言う事だ
何せ連勝し始めたかと思えば、直ぐに連敗…そんな事の繰り返しだった


◆交流戦終了位にファンを辞めた

そんな状態だったから
シーズン当初からイライラする試合の繰り返し…
そこで、このままでは私自身が体を悪くする…

そう判断した私は
今シーズン、交流戦が終了した時点で
早々と、今シーズンの巨人ファンを辞めた位だった

交流戦終了後に今シーズンのファンを辞めた?…
チョット早過ぎないか?…
この記事を読まれた方は、そう感じる方も、いるだろう?
しかし、その位腹が立ったと言う事だ

従って、この時は
ある意味皮肉を含めてだが
今シーズンは、10連勝位達成したら
ファンに戻るかも知れないが…と考えてた

すると一時期、シーズン後半に
今シーズン初の7連勝を見せるという快挙を見せた
流石に、この時はファンに戻る事に?…と感じたが
結局頑張ったのは、この時とシーズン終了間際の5連勝のみ

ただ…この様に書くと
今シーズン、巨人の記事を御覧に、なった方からは
「その割には選手を褒めた記事も見たゾ」
そう感じる方も、いるだろう…

その理由は簡単だ、今シーズンは特定の選手のみ応援
チームの勝ち負けは二の次で見てただけの事だ

その選手とは、投手陣では惜しくも防御率トップは
中日の吉見に取られたが、最多勝を取った内海投手
そして、2011年11月1日現在は
まだ決定してないが、新人王当確と言われてる澤村投手

打線では、本来なら2年目のジンクスに悩まされる事が多いのに
首位打者を取った長野選手
更には若手の中ではシーズン途中から一軍に上がり
最後までファームには帰らず
シーズン中からにも関わらず、盗塁王を取った藤村選手
この4人だけだ

ちなみに、ここに名前を上げたのは
タイトルを取った選手ばかりだ
しかし、タイトルを取ったから褒めてる訳じゃない
タイトルを取った選手は、それなりの内容だったと言う事だ

だから長野選手と藤村選手は、試合が負けてても
活躍を見れれば関係無く楽しんでた…
但し、ピッチャーの勝ち星に関しては
試合に勝たないと意味が無いから、その試合だけは勝て!…応援した

しかし、その2人以外が投げてる試合は
勝敗には関心を持たなかった
つまり、勝っても負けても
「あっ…そう…」
そんな気分で試合を見てた


◆最低(?)な原采配

それと、もう1つ気に入らないのが采配…
これは、今シーズンは違ってたが
私はハッキリ行って、采配が大嫌いだ

その理由だが、昔の采配は打たれてるピッチャーを何時迄も変えず
取り返せない位に点差を広げられて、やっと重い腰を上げる…
それが目立っており、私が呆れ果てたのが2008年の日本シリーズ

この年は、最終戦迄行った訳だが
最初は巨人がリードしてたのに、また悪いクセが出て
西武に逆転されて日本一を逃し
この時から私はを、監督としては失格だと思い始めた

そして去年は、この采配が災いして
連続試合2ケタ被安打のセ・リーグタイ記録迄作り
翌試合で新記録…と言う状態迄来て
ようやく早めに変えて不名誉な記録を逃れた

その頃位から、打たれてるピッチャーに関しては
あまり引っ張らなくなったが、今年は逆のパターン…

これは長嶋采配に多かったが
調子良く投げてるピッチャーを早めに変えてしまい
敵に逆転されて負けるパターン

今シーズン、この被害に合ったのが内海投手と澤村投手
この2人への采配で気に入らなかったのが
「もう少し投げられるだろう?」
そう思う試合でも早めに変えてしまう所だった

内海投手は最多勝こそ取ったが、実は中日の吉見と最多タイの記録…
そして防御率トップは上記にも書いた様に吉見に取られた

これだって、もう少し投げさせろよ…
そう思う試合でも、途中で交代させ
続くピッチャーが打たれて勝利投手の権利が消滅
これで数試合は勝ちが消えた…

更に、その被害は澤村投手も同じ…
特に澤村投手の場合、本来のローテーションなら
11勝目の試合で終了して、その時点では防御率も1点台だった

ところが、その時点では
イニング数が200イニング到達に対して3イニング足りない…
そこで今シーズンの最終戦に登板した訳だが
4回途中迄投げて200イニングを達成

しかし、達成した直後
横浜の村田に、この試合2本目の一発を打たれてで降板
防御率も2点台に落ちてしまった

この試合の場合、200イニングと防御率を比較したら
どっちが優先?…と判断するかも知れないが
私に言わせれば、それ以前の問題

つまり、最終戦の前に200イニングを言うなら
どうしてシーズン途中の段階で
後1イニング位…という所で交代させたのか?
勿論、今の時代は球数でも計算してるのは分かる

だけど、その結果が、こういう事だ
つまり、この結果に関しては
監督の采配ミスに対して選手が責任を取らされた様なもんだ


◆滅多に抗議しない原采配

そして采配で、昔から気に入らないのが審判への抗議だ
の場合、審判のミスジャッジにも、ほとんど抗議に行かない

勿論、抗議しても大抵の場合は判定は変わらない
しかし、そういう問題じゃない
もし、変わらないんだからと言うなら
何処のチームの監督も抗議しなければ良い

この監督の抗議と言うのは選手やファンの為でも、ある
それは、野球では審判への抗議も監督しか認められてない
つまり、選手やコーチの場合、一時的には抗議も聞いてくれるが
しつこい抗議は恐らくだが退場扱いだろう

でも…監督は抗議が認められてる…
そうすると、選手やコーチは自分達が出来ない分
監督が抗議してくれると嬉しいもんだ

更に…選手やコーチは一瞬でも抗議出来るが
全く抗議出来ない輩達も存在する…
それが、球場やテレビを見てるファンだ
それが証拠に…と言う訳じゃないが明らかなミスジャッジの時等
監督が抗議に行くと、球場のファンから大歓声が起きる事が、ある

ただ…今シーズンは唯一、が積極的に抗議に行く場面も見た
但し、それはホームランの判定の時のみ
これはビデオ判定で変わる時が存在するからで
もし、今でもビデオ判定が無かったら恐らくだが、抗議には行かないだろう…

勿論、采配に関しても良い所も沢山出てるのは分かる
例えば、若手の育成だ

ここ数年の巨人は若手の成長が著しい
私自身、よくは知らないが、これはの方針だとも聞いた
もし、そうだとしたら、それは非常に評価出来る事だ

それ迄の巨人は、他球団から大砲ばかり入れて…と
よく批判されたもんだったからだ
但し、肝心な試合で采配ミスしてたら意味が無い
試合でこそ威力を発揮しないで何が指揮官だ!

最後に…大体巨人と言うのは、チームの成績が悪くても
中々監督のクビを切らず、ナンバーツーやナンバースリーの
クビを切るのが多いが
いい加減にのクビも切ったら、どうなのかと思う
チームの不振は本来指揮官の監督なんだ


…と言う事で、ここ迄散々悪口を言って来たが
それだけ今シーズンの内容が我慢出来なかったからだ
プロフィール

水戸光圀

Author:水戸光圀
水戸光圀の西山荘へ、ようこそ!!

プロフィールは、ここです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ユーザータグ風
GTO系
神崎麗美(本田翼)
葛城美姫(西内まりや)
上原杏子(新川優愛)
鬼塚英吉(AKIRA)

子役系
芦田愛菜
阿須田希衣(本田望結)

お宝系
東はるみ(黛英里佳)
入浴

その他
巨人、松本哲也
役立ち情報
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも一覧
acu sesu
QLOOKアクセス解析
ESET製品
2代目【GTO】系
メインメンバーの情報を
ミクシィページと
フェイスブックページで
公開してます

2代目GTOメインメンバー情報

Facebookページも宣伝


ミクシィページ、バナー仮

メインメンバー
ブログ&HPリンク





◎2年4組生徒(女子)
神崎麗美役本田翼
2代目【GTO】神崎麗美ブログ
上原杏子役新川優愛
2代目【GTO】上原杏子ブログ
葛城美姫役西内まりや
2代目【GTO】葛城美姫、現ブログ
相沢雅役川口春奈
2代目【GTO】相沢雅HP
2代目【GTO】相沢雅期間限定ブログ
野村
朋子役
2代目【GTO】野村朋子役HP
宮﨑香蓮
2代目【GTO】野村朋子ブログ
浅倉恵役三宅ひとみ
2代目【GTO】浅倉恵ブログ
鯨川
冬美役
2代目【GTO】鯨川冬美HP
高良光莉
桑江遥役高月彩良
2代目【GTO】桑江遥役ブログ



◎2年4組生徒(男子)

吉川昇役2代目【GTO】吉川昇HP
中川大志
藤吉晃二役
【海賊戦隊ゴーカイジャー】
ジョー役山田裕貴
2代目【GTO】藤吉晃二ブログ
草野忠明役鈴木伸之
2代目【GTO】草野忠明ブログ



◎教師

鬼塚英吉役
公 AKIRA[EXILE]
2代目【GTO】鬼塚HP
冬月先生役瀧本美織
2代目【GTO】冬月先生ブログ
2代目【GTO】冬月先生、旧ブログ
2代目【GTO】冬月先生HP
内山田
教頭役
内山田教頭役o015001501274344353145
田山涼成
森高先生役滝沢沙織
2代目【GTO】森高尚子ブログ
大門校長役西田尚美
2代目【GTO】大門美鈴ブログ



◎その他

弾間龍二役城田優
2代目【GTO】弾間龍二ブログ
冴島俊行役山本裕典
2代目【GTO】冴島俊行ブログ


※2時間半スペシャル※

藤崎志乃美役桐谷美玲
2代目【GTO】SP藤崎志乃美ブログ
アゲハ役黒川芽以
2代目【GTO】SPアゲハブログ


※正月スペシャル※

夏川
マリア役
マリア役
宇野
実彩子
真田和幸役平岡祐太
2代目【GTO】真田和幸HP
堂本
照昌役
2代目【GTO】SP堂本照昌HPo015001501274344353145
大杉漣


※卒業スペシャル※

上原
久子役
2代目【GTO】卒業SP上原久子役HP
滝沢涼子
相沢麗子役麻里万里
2代目【GTO】卒業SP相沢麗子ブログ
長瀬渚役2代目【GTO】卒業SP長瀬渚HP
音月桂
船田美佳役岡野真也
2代目【GTO】卒業SP船田美佳ブログ


※第2部※

◎2年A組生徒(女子)

宮地めいり役三吉彩花
2代目【GTO】第2部、宮地めいりブログ
柊 佐奈役岡本夏美
2代目【GTO】第2部、柊 佐奈ブログ
百合原
さつき役
2代目【GTO】第2部、百合原さつきHP
(AKB48)
木﨑ゆりあ


◎教師
藤川ほなみ先生役
比嘉愛未
2代目【GTO】第2部、藤川ほなみ先生ブログ
スポーツ系ブログリンク
●全日本女子バレー
久光製薬スプリングス
セッター狩野舞子狩野舞子ブログ
●全日本女子バレー
デンソーエアリービーズ
リベロ佐野優子ブログ
●レスラー藤原喜明
藤原組組長
藤原喜明
●BCリーグ群馬
アレックスラミレス
アレックスラミレスブログ
●元、東京ヤクルト
スワローズ古田敦也古田敦也ブログ
スポーツ系HPリンク
●全日本女子バレー
日立リヴァーレ公 佐藤あり紗
リベロ
公 佐藤あり紗
●読売巨人軍公 松本哲也
2代目、稲妻戦士
公 松本哲也
●藤原組組長藤原喜明
藤原喜明HP
有名人ブログリンク
●【水球ヤンキース】
岩崎渚役大原櫻子
岩崎渚ブログ
●【水球ヤンキース】
前畑涼子役筧美和子
前畑涼子ブログ
●【水球ヤンキース】
本人役橋本環奈
「頑張れカス校ミズタマ部ぅ~」
※上記「頑張れ…」(?)部分を
クリックすると本人の
肉声(?)が聞けます
橋本環奈ブログ
●【キョウリュウジャー】
アミィ結月役今野鮎莉
アミィ結月ブログ
●【がきんちょ~
リターン・キッズ】
夏川桃(コモモ)美山加恋
夏川桃(コモモ)ブログ
●【家政婦
のミタ】
阿須田希衣ブログ
阿須田
希衣役
本田望結
●【仮面ライダーフォーゼ】
風城美羽役坂田梨香子
風城美羽ブログ
●【水戸黄門】
柘植の飛猿役野村将希飛猿ブログ
●【水戸黄門】
素破の次郎坊役コロッケ
次郎坊ブログ
●教育評論家
尾木ママこと尾木直樹尾木直樹ブログ
●【秘密のケンミンSHOW】
東はるみ役黛英里佳東はるみブログ
●HKT48指原莉乃
指原莉乃ブログ
●元AKB48篠田麻里子
篠田麻里子ブログ
●【王様のブランチ】
本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカのブログ
●本仮屋ユイカの妹
本仮屋リイナ
本仮屋リイナのブログ
●【早海さんと呼ばれる日】
早海優梨子役松下奈緒
早海優梨子ブログ
●元、モーニング娘
cancamモデル久住小春
久住小春ブログ
●フリーアナ、唐橋ユミ
唐橋ユミのブログ
●フリーアナ、中田有紀
中田有紀のブログ
有名人HPリンク
※ここで表示してるとは
事務所内等、本人自身以外の公式HPです

●【ウルトラマンメビウス】
ミサキ女史役石川紗彩
ミサキ女史、HP
●【銭の
戦争】
青池梢HP
青池梢役
木村文乃
●ポーリュシカ・ポーレの
シンガーソングライター
オリガ・ヴィターリエヴナ
ヤコヴレワ

オリガ・ヴィターリエヴナ・ヤコヴレワ、HP
●アニメ【GTO】
神崎麗美役三石琴乃
アニメ【GTO】神崎麗美HP
●【マジ
すか学園4】
さくらHP
さくら役
宮脇咲良
●【マジ
すか学園4】
ソルトHP
ソルト役
島崎遥香
●【マジ
すか学園4】
アントニオHP
アントニオ役
山本 彩
●【地獄先生
ぬ〜べ〜】
ゆきめHP
ゆきめ役
知英
●【一休さん】さよちゃんHP
さよちゃん役
公 小林星蘭
●仮面ライダーフォーゼ
風城美羽役役ベロHP
坂田梨香子
●【水戸黄門】3代目、佐野光圀公HP
3代目、光圀公役
佐野浅夫
●【水戸黄門】5代目(最後)里見光圀HP
5代目(最後)
光圀公役
里見浩太朗
●【水戸黄門】鈴木史朗HP
4代目ナレーター
公 鈴木史朗
●元AKB48篠田麻里子
篠田麻里子HP
●【3年B組
金八先生】
本仮屋ユイカHP
青沼美保役
【王様の
ブランチ】
本仮屋ユイカ
●【温泉へGo!】
河原みなみ役森脇英理子
河原みなみHP
●【ちびまる子ちゃん】
初代さくらもも子
(まる子)役
初代、まる子HP
森迫永依
●【まるまる
ちびまる子ちゃん】
2代目、さくらもも子(まる子)役2代目、まる子HP
伊藤綺夏
個人ブログリンク
●90代の女性ブロガー
さっちゃんのお気楽ブログ
さっちゃんのお気楽ブログ
●MikuMikuDance!の
初心者用解説ブログ
はじめてのミクミクダンス!
はじめてのミクミクダンス!
番組HPリンク
交通取締り系
その他HPリンク
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
ブログピープル by BlogPeople
ワキガ治療
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード